tama-lap-038-2
​御挨拶 
瑠璃の会ホームページへお越しいただき、ありがとうございます。
この瑠璃の会は、義太夫節(浄瑠璃)を演奏する女性有志の会です。 
 
義太夫節の本場である大阪では、長年女性による義太夫が受け継がれてきましたが、近年は定期演奏会も途絶えて久しく、技芸員の活動の場がほとんどないまま月日が経過してしまいました。その間、
師匠方のご逝去が相次ぎ、また、新人の入門もほぼ無く、このままでは大阪の女流義太夫は廃れてしまうのでは、という状況に陥っています。
受け継がれてきた芸を絶やすわけにはいかないと、有志が集まり、定期演奏会の開催を目的として、
平成28年に結成いたしました。大阪の女流義太夫の存在を知っていただくと同時に、技芸員の研鑽の場として、また後継者を育てる為の一助となるよう、努力していきたいと存じます。
 
平成29年4月には第一回瑠璃の会公演を御霊神社にて開催させていただきました。平成30年3月にも新たに初舞台3名を加え、第二回を開催いたしました。
次回、第五回瑠璃の会は令和3年3月6日(土)国立文楽劇場小ホールにて開催予定です。
何卒、応援くださいますよう、心よりお願い申し上げます。              
                                   

女流義太夫演奏会 瑠璃の会 第5回

第5回「瑠璃の会」のチケットは、おかげさまをもちまして完売いたしました。

厚く御礼申し上げます。

なお、当日券の販売はございませんので、予めご了承ください。

「妹背山婦女庭訓」のお三輪を軸としたエピソードを中心に、

道行では第5回の節目を祝って瑠璃の会総出演での華やかな舞台をお届けいたします。

■お話  畑 律江(毎日新聞学芸部専門編集委員)

《妹背山婦女庭訓》

■井戸替えの段

 浄瑠璃 竹本 土佐恵

 三味線 鶴澤 駒清

■杉酒屋の段

 浄瑠璃 竹本 住蝶

 三味線 豊澤 住輔

■道行恋苧環

 お三輪 竹本 住年

 求馬  豊竹 呂秀  

 橘姫  豊竹 呂響  

     竹本 住蝶

     竹本 土佐恵

 三味線 豊澤 住静  

     豊澤 住輔

     鶴澤 駒清

【日時】令和3年(2021年)3月6日(土)

    13時開演(開場 12時30分)

【会場】国立文楽劇場 小ホール

    大阪市中央区日本橋1-12-10

    地下鉄(堺筋線・千日前線)「日本橋」駅 または 近鉄奈良線「近鉄日本橋」駅

    7号出口より徒歩1分

 

【入場料(全席自由)】一般 3,000円 / 学生 1,000円(ご予約時にお申し出ください)

 

【お申込み・お問合せ】*チケットは完売いたしました

【主催】女流義太夫瑠璃の会

【後援】一般社団法人 義太夫協会

【助成】大阪府文化振興基金

妹背山婦女庭訓

■井戸替えの段

三輪の里にある酒屋は、七夕に行う習慣の「井戸替え」の手伝いに集まった近所の者達で賑わっています。大酒呑み達の飲みっぷりには丁稚の小太郎も呆れ顔。隣家の烏帽子折(求馬)も帰宅し、飲めや歌えやの大騒ぎとなります。一方、蘇我入鹿が政敵・藤原鎌足の息子の淡海を探すよう人々に指令を出していることが語られます。

■杉酒屋の段

日も暮れ、求馬の家には白絹の衣被ぎ姿の女性が訪ねた様子です。丁稚小太郎が目ざとく見つけ、戻って来たお三輪に言いつけます。お三輪が求馬に尋ねると「来ている女性は烏帽子を注文に来た巫女だ」と説明し、二心ないと誓います。安心したお三輪は、恋人の心の変わらぬよう、針の付いた白い糸と赤い糸の二つの苧環の、七夕の願かけを見せます。が、そこに最前の女性(橘姫)が割って入り、お三輪と求馬を取り合ってのやり取りとなります。

■道行恋苧環

お三輪の母に驚き酒屋を立ち退いた橘姫を追いかけた求馬は、橘姫に正体を尋ねますが、姫は答えたくない様子です。求馬を追って来たお三輪は怒り心頭、求馬の恋人は自分だと主張しますが、橘姫は「恋はし勝ちよ」と突っぱねます。そこに明けを知らせる鐘、驚き走り出す姫の裾に機転を利かせて苧環の針を刺す求馬、その求馬の行方も、お三輪が求馬の着物に付けた苧環がくるくると回りながら知らせます。そして、橘姫の住処で起こる悲しい顛末へと物語は続いていきます。

●新型コロナウイルス感染予防対策のご協力をお願いします。

・37.5度以上、または平熱と比べて高い発熱があるお客様、咳や喉の痛み等の症状があるお客様はご来場をご遠慮ください。(チケット代は払戻しいたします。)

・会場内ではマスクをご着用の上、手洗いと手指消毒をお願いします。

●国立文楽劇場からのお客様へのお願い・感染症対策への取り組みについて

 詳しくはこちらをご覧ください

●席数および公演最新情報について

・感染予防対策のため、1月15日発売時は席数を半分に減らしてのご案内となります。状況変化により席数を増やす場合もございますのでご了承ください。

・公演中止の場合等、最新の情報については当ホームページでお知らせいたしますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

瑠璃の会の公演に出演しております技芸員の、瑠璃の会以外での出演やワークショップなどの情報をお知らせするページを開設しました。こちらも是非ご覧ください。

事務局

〒533-0003

大阪市東淀川区南江口1-5-8-507

​0667186752

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now