top of page
tama-lap-038-2
​御挨拶 
瑠璃の会ホームページへお越しいただき、ありがとうございます。
この瑠璃の会は、義太夫節(浄瑠璃)を演奏する女性有志の会です。 
 
義太夫節の本場である大阪では、長年女性による義太夫が受け継がれてきましたが、近年は定期演奏会も途絶えて久しく、技芸員の活動の場がほとんどないまま月日が経過してしまいました。その間、
師匠方のご逝去が相次ぎ、また、新人の入門もほぼ無く、このままでは大阪の女流義太夫は廃れてしまうのでは、という状況に陥っています。
受け継がれてきた芸を絶やすわけにはいかないと、有志が集まり、定期演奏会の開催を目的として、
平成28年に結成いたしました。大阪の女流義太夫の存在を知っていただくと同時に、技芸員の研鑽の場として、また後継者を育てる為の一助となるよう、努力していきたいと存じます。
 
平成29年4月には第1回瑠璃の会公演を御霊神社にて開催させていただきました。平成30年3月にも新たに初舞台3名を加え、第2回を開催いたしました。令和3年には、第5回の節目として、「妹背山婦女庭訓 道行恋苧環」を瑠璃の会メンバー全員で、新調の瑠璃色の肩衣で上演いたしました。令和4年には、新たに初舞台1名が加わりました。
今後とも何卒、応援くださいますよう、心よりお願い申し上げます。              
                                   
ruri8

女流義太夫演奏会 瑠璃の会 第8回

【日時】

 2024年(令和6年)3月2日(土)

 開演13時(開場12時半)

【会場】

 国立文楽劇場 小ホール 

  大阪市中央区日本橋1-12-10

  下鉄「日本橋」駅、または、近鉄奈良線「近鉄日本橋」駅

  7号出口より徒歩1分

 *駐車場はございませんので、車でのご来場はご遠慮ください

入場料】(全席自由)

 一般 3,000円

 学生 1,000円 *ご予約時にお申し出ください

【演目】

 ◆「菅原伝授手習鑑」茶筅酒の段

  浄瑠璃 豊竹呂秀 豊竹呂響 豊竹呂萬

  三味線 鶴澤駒清

 ◆「絵本太功記」尼ヶ崎の段 前

  浄瑠璃 竹本住年

  三味線 豊澤住静

 ◆「生写朝顔話」浜松小屋の段

  浄瑠璃 竹本土佐恵

  三味線 鶴澤駒清

 ◆「恋娘昔八丈」鈴ヶ森の段

  浄瑠璃 竹本住蝶

  三味線 豊澤住輔 

 ◆出演者によるアフタートーク

  司会 畑律江(毎日新聞客員編集委員)

【お申込み】予約フォームからお申込みください

◆「菅原伝授手習鑑」茶筅酒の段

河内国・佐太村。今日は、三つ子の父親・四郎九郎が古希を機に名を白太夫と改めるめでたい日。梅王丸・松王丸・桜丸の三つ子と、それぞれの妻、春・千代・八重が祝いに集うことになっています。夫に先立って到着した嫁達は、和やかに賀の祝の料理の支度にかかります。お祝いの雑煮に舌鼓を打つ白太夫。嫁達からの祝いの品に相好を崩しますが、八重から贈られた三方を見て、顔を曇らせます。牧歌的なこの段の後、物語は桜丸切腹という悲劇へ進んでいくのです。

◆「絵本太功記」尼ヶ崎の段 前

真柴久吉の軍勢が迫る中、武智光秀の子息・十次郎が初陣の許しを得に、先に母・操と許嫁・初菊が訪れている、祖母・さつきの閑居にやってきます。十次郎の独り言を聞き、初菊は十次郎が討ち死にを覚悟していることを知りますが、諭され、涙ながらに出陣の支度を手伝います。若い二人に、出陣と祝言を一緒に祝う盃を交わさせ、喜ぶさつき。が、十次郎の出陣後、さつきも、十次郎が死ぬ覚悟であることに気づいていたと打ち明け、女三人、涙するのでした。

◆「生写朝顔話」浜松小屋の段

相思相愛の阿曽次郎と離れ離れとなった後、望まない結婚から逃れるため家出をした深雪は、流浪の末に盲目となり、今は粗末な小屋住まいに落ちぶれています。そこへ、深雪の行方を探す乳母浅香が巡礼の姿で通りかかります。浅香に対し、いったんは他人のふりをした深雪でしたが、最後に二人は涙ながらに再会を喜び合います。が、それも束の間、人買の輪抜吉兵衛が現われ、深雪を連れ去ろうとします。浅香は必死に戦い吉兵衛を倒しますが、自らも深手を負うのでした。

◆「恋娘昔八丈」鈴ヶ森の段

鈴ヶ森の仕置き場所には、恋人・才三郎が探している家宝の茶入れを盗んだのが許嫁の喜蔵と知り、その喜蔵を思わず殺してしまった罪で処刑される、美しいお駒を一目見ようと、大勢の見物人が集まっています。現れたお駒は、竹垣に隔たれながらも、両親と今生の別れを嘆き悲しみ合います。処刑の時刻が迫る中、喜蔵の一味・丈八を縄にかけ、才三郎が赦免状を手に駆け付けました。お駒の罪は許され、一同喜びの涙となります。

●公演最新情報について●

 公演中止の場合等、最新の情報については当ホームページでお知らせいたします

プロ育成コース

「大阪女義塾」プロ育成コース
受講者募集!

文楽の音楽として知られる「義太夫節」。

大阪が世界に誇る「義太夫節」の継承には、

私たち女性演奏家「女流義太夫」も一役を担ってまいりました。

この素晴らしい芸能を次世代に繋ぎたいという思いから、

このたび、プロを目指す方を対象にした、

「女流義太夫」技芸員育成プログラムをスタートさせます。

特に、現在三味線弾きの人数が少なく、

三味線希望の方のご応募をお待ちしております。

 ■募集要項■

【対象】中学生以上~原則として40歳以下の女性


【募集期間】2024年3月31日まで随時募集

【応募方法】応募フォームからご応募ください
 *お申込み確認後、研修内容の詳細説明、面接審査を行います
 *未成年の方は保護者の同意が必要です


【受講料】無料
 *研修期間、楽器等は無料で貸出いたします
 *破損の際の修理費や消耗品代は受講者の実費負担となります

 
【講師】「女流義太夫瑠璃の会」技芸員

【研修場所】大阪市内

 *詳細は応募者の方に後日お知らせいたします

研修期間】2023年6月1日以降、研修開始時点から最長2年
 *研修状況に応じて、研修期間を決定いたします
 *研修終了後、プロとしての活動開始に向けた準備に入っていただきます


◇三味線コースの研修内容例
 下記内容にて、月2回ほどの研修を予定しています
 ・道具の扱い方、心構え、床本や朱(楽譜)の読み方等の基礎知識
 ・基礎的な三味線演奏技能の稽古
 ・「女流義太夫瑠璃の会」関係の公演等の手伝いを通じた楽屋研修

 
太夫1(透過PNG).png
三味線弾き1(透過PNG).png
231028concert

瑠璃の会主催イベントや新企画のご案内などをメールニュースでお届けします! ぜひ、ご登録おねがいします。

手紙を書きます
bottom of page